読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧の雑記

140文字じゃ書ききれないこと書こうと思っています。

ゲーム感想文~スパロボOGMD~

 塩漬けブログ記事第一号はOGMDのことです。

めっちゃネタバレ書きたい気持ちがあり、それを抑えるためにブログって形でクリア後の滾る感情と妄想を殴り書き

めっちゃネタバレ書いてます。

 

 

 

 

 

 OGムーンデュエラーズってタイトルですが実質第二次OG外伝でしたね。

メインになった作品は

たった三つです。無限のフロンティアも入れれば四つですけど、顔見せ程度でした。

終わってみれば内容はかなり薄味でした、途中からなんとなく感じていましたが。

 

 さて、最初はゲーム部分に関しての感想をば

MDが第二次OG外伝だなぁっていきなり感じたのは、最初から味方機体が強すぎるんですよね。

続き物の作品だから仕方ないですけど、戦力が分散されているとはいえ第二次OG終盤の機体ばかりです

念動力Lvなどで一部の機体の武装は制限されていますが、ほとんど最強武器が最初から仕様可能です。

なので前作プレイ済みだと運用方法が最初から把握済みなので目新しさが感じられませんね。ここは素直に残念に思っているところ

しかしながら、わざわざ戦力を落とす必要性も感じられないという気持ちも

次回作で新機体や強化があるといいですね。

難易度はいつもやってる人なら余裕でSRポイント全回収できるぐらい簡単でした。 

 

  さてさて、次はシナリオについてです。

モード選択後からいきなり出てくる親父殿エ=セルダ。なんかどこぞの修羅みたいな顔でしたが、新曲引っさげてOPに割り込んでくる姿はいきなりクライマックスでした。

J設定の再構成から、統夜がフューリーと地球人のハーフってことがわかりやすくなり、三人娘も人体改造の設定が除外されました。

機体の序列もグランディード>>>>>>>>>>>クストウェル≧ラフトクランズ>>>>>>(紛い物の壁)>>>>>>>>ベルゼルートって感じになって、グランディードはともかくベルゼルートが…

カルヴィナとの相性もあってベルゼルートかなり使いやすい機体になっていますが、設定が…ベルゼルートを気に入っていた人はどんな気持ちになるのやら。

フューリーの構成も騎士階級だけでなく他の階級が出てきました、もう少し顔ありパイロット出てきてもよかったかなと思いつつ、既存キャラの細かい設定の変更に…

フー=ルー様はあまり変わっていませんでしたが、ジュア=ムは少し気の毒に。家族と幼馴染?っぽいキャラは今回は出てきませんでしたが次回作で登場するかも

アル=ヴァンは相変わらず情けない男でしたが、主人公が二人ともいることから確定で生存したので良かったですね。

シャナ=ミアもアル=ヴァンに好意を持っていたことを忘れて相手が統夜になってるので、統夜3股ルート以外でも悲しい結果にならず。4股ですね、うん。

一番期待していた絶望総代ことグ=ランドン。グランゾンっぽい名前ってのを回収してくれましたが、最後の最後まで騎士であったので発狂モードが見られなかったのは実に残念。その代わりにロリコン孕ませ総代って新しい最悪な名を貰いました、かわいそう。

オリジナルのJだとズィー=ガディンは第二形態がありましたが、MDではボス機体に第二形態があるユニットがいませんでした。第二形態は今回の新設定?のバスカーモードで再現。回復もせず鉄壁や必中ぐらいしかけないので拍子抜けですです。相変わらず気力落とせば射程に穴があくクソザコナメクジおじさん。

なりふり構わず守るべきフューリーの民の命を吸ってまでプレイヤー部隊を滅ぼそうとする姿が好きだったのですが、ただの姫様孕ませたいおじさんになってしまったのは…

J勢は最終的にはゾヴォークにガウ=ラ・フューリアが預けられました。統夜ラフトクランズはもしかしたら次回作で見られるかもしれませんね。

次回作ではメキボスと同時期に味方部隊に加入しそう、まだまだ消化しきれていない旧作シリーズのシナリオもそろそろ決着つくかな?

 

 GC/XOは未プレイです。一年戦争地獄ってぐらいしか知らなかったですが、味方機体も敵機体もロボット感あってなかなか良かったです。OG世界は魔装もあってファンタジーなので、ロボット感あるとちょっと安心感が。

ALL武器がないジーク機以外はどれも使いやすくて鋼龍戦隊の他の機体と遜色なく使えて良かったです。特にサリーは機体性能と併せてカルヴィナのベストパートナーでした。

ガディソード戦の結末はかなり驚きました、原作もこんな感じだったのかかなーり気になってます。

モガミ組は次回作は軍属じゃなくて民間からの協力者って形になりそうですね、続投濃厚でよすよす。

 

 で、残りのシナリオはグレイトバトル。遥か彼方の記憶が甦ります、ってか今回のラスボスがザンエルって予想できた人なんかいるんですかね…

機体の方もテラーダがプロデュースしていたロアがゲストキャラの戦艦、シナリオ中に名称は何回も出てきましたがごった煮で出てくるとは予想できませんでした…

どことなくXNガイストっぽい見た目ですので、システムXNや次回作で出るであろうアルタードのXNディメンションとも関わりあってくるのか

戦艦が元なせいか、変身とかせずに砲台がメイン武装なのでこれも最近のボスらしくなくて良かったです。

XN-LはグレイトバトルⅢで復活するので一人だけ明確な死亡シーンが無かったスカルナイトの伏線の回収でダークブレイン共々復活するのかってのも気になる点ですが、ロア関連のシナリオはOG外伝と実質第二次OG外伝のMDなので、本筋の第三次αが中心になるであろう第三次OGでやるのでしょうか? 仮に第三次OG外伝が出るとしたらあと何年後なのでしょう。

 

 各元作品に対する感想はここまでにして、次は全体的な話で

OGMD、これOGサーガ網羅してないとなかなか繋がってきませんね。

熱心なOGファンなら魔装機神もプレイ済みでしょうが、スパロボしかやってないプレイヤーだとアーマラがなんで生きているのかわからんでしょうに('ω'`)

OGに繋げるの前提なのかFはかなーりOGに寄ってました。クロスゲートもいきなりでてきました、OGでカドゥム・ハーカームとか急に言われてもわからんでしょうに('ω'`) ヨーテンナイってダレデスカ?('ω'`)ってなりそう。

今回はほとんどオマケ的な終盤から加入のサイバスターはシュロウガになっちゃいそうなヤバイもの積んでますし、次回作で他の魔装機神は出てくるのか聖霊憑依はまたできるようになるのか、ここも楽しみです。

アーマラの記憶も戻るのか、スパロボと言えば魔装機神。メインオブメインの終わりの続きの話、ご期待してます。

ついに顔見せしたゴラー・ゴレムもシュウに目をつけられてここも楽しみな所。因子が足りてきたのかクヴォレーもついに顔出し。

これで第三次αの主人公が出揃ってようやくOGも一区切りつくのかと思うと感無量ですが、あと何年後に発売されるのでしょうか…

 

 JがOGに参戦ということで、JのシナリオにRやDが関わってきました。

うーん、Dのシナリオの始まりがJと関わってきててクロスゲートからルイーナやそれらと同等なモノが出てきてなんちゃらこうちゃらと…(内容はっきり一語一句覚えてないので割愛)

ジョッシュにとっては間接的な父親の仇になったグ=ランドン。D勢とも絡んできたのは中々熱くてよかったです。

ガディソード本星もクロスゲートが原因で壊滅…。

 

ん? 異形の生命体から惑星が滅ぼされた…? つまり、アトリーム!?

んんんん イディクスもクロスゲートから出てきたって設定なら次にでもKのシナリオができるぞ!やったぜ!

 

 ってのは置いといて、クロスゲートを作ったのは誰なのか?ってところになってきます

第三次αだとEVAが関わってきました、OG世界だと先史文明人に該当するのは誰になってくるのか

それっぽい設定なのはスパロボ64のアル=イー=クイスですが、64が絡んでくることはあるのかという心配と疑問と期待と願望。

もう一つは次回作での登場が濃厚なWの始原文明エス。それに関連したザ・データベース。こっちは記録した文明を破壊するって行動から、頑張ってもらえば第三次αのバッフ=クランの役割も持ってくれるので中々濃厚かと。

個人的な願望と妄想だと、機体やヴィンデルの思想やらの関係で"あちら側の世界"における先史文明人としてアル=イー=クイスが絡んでくれるといいなぁって思っています。

 

 次はR。RシナリオはOG外伝で完結しました。第二次OGではエクサランスの後継機であるレスキューが登場、今回も引き続きレスキュー…

じゃなかったんですよ! 新フレームのガンストライカーフレーム!!

オミットされたガンナーフレームとストライカーフレーム、他のフレームの要素も少し取り込んだ新規ユニット。

これ、つまり次回作は既存作品の強化機体が期待できるってとってもとっても大きな要素です。

今回のR勢はラースエイレムって糞チート兵装に対抗するために時流エンジンを復活させるというストーリーでした。

ラースエイレムの設定もJとは結構変わってますが、RとJの共通のワードである"時間"がピックアップされたのはRをやり込んだ自分としても嬉しい限り。

次回作でライトニングやエターナルが最終フレームになるのか、ネオエクサランスがピックされて別に強化されるのか、ここも楽しみですね。

 

 最後になりますが、無限のフロンティア。最後の最後で情報が出た今回のサプライズ枠&ネタ技枠

これも無限のフロンティアの設定を理解していないと色々とわからないこと多いと思うのですが…

ハーケンはOG2シナリオで単語だけ出ていたW00、Wシリーズの唯一の生身の人間でPT操縦技能を刷り込んでいる人物。だから転移されてすぐにゲシュペンストに乗れるし、シャドウミラー機にも乗り換えできるんですねぇ!

これ無限のフロンティアやってねーとわかんねえでしょ! え?OGシリーズファンなら全作品やってるのが当然? OGシリーズ何世代ハード跨いでましたっけ…?

名前から当然鋼龍戦隊からツッコミが入っていましたが、アクセルが静止。レモンとアクセルの遺伝子的な?子供って見方でありますが、これも今後にピックアップされるのですかね。

さて、無限のフロンティアからはハーケンとアシェンが今回は登場しました。

次回作で神夜などのキャラクターは出てくるのか、修羅のアレディは特に気になるところ。修羅に関連して、退場済みのフォルカ達は再登場するのか。これもまーた期待しちゃいますねぇ。

 

 色々思うところがあったOGMD。

第三次αシナリオへの道筋も整いつつ、いまだに解決していない伏線がまだ多々あります。

新規参戦もWはほぼ確実として他はどこから引っ張ってくるのか期待です。NEOやA.C.E.なんかもピックされるかも、まさかのKも今回のシナリオからほんの少しだけ期待が持てるのではないでしょうか。

 

ということで、OG新作はよ!!